ドメーヌ・タカヒコ

(価格は消費税込みで表示しています。)      

ル・レーヴ・ワイナリー    北海道二木町

  
   シャルドネ 2021(白)
混醸ワインがメインのル・レーヴですが、毎年少量の単一品種ワインも仕込んでいます。2021年のシャルドネは猛暑の年らしく果実のボリュームある仕上がりになっています。2/3を古樽発酵、1/3をステンレスタンクで醸造しました。熟した白桃やアプリコットの香りに、柑橘類の風味でミネラルも感じられ、穏やかな酸味と樽発酵からくるエレガントな余韻をお楽しみください。酸化防止剤(亜硫酸塩)の使用も瓶詰時必要最低限に抑えて仕上げています。
ぶどう:シャルドネ(栽培:リュットレゾネ)
発酵:野生酵母(自然発酵)、全房でプレス、約6か月古樽で発酵・熟成(一部ステンレスタンク)
生産本数:478本
750ml 4400円(完売)
   GAKU ~楽~ 2021(赤)
ピノ・ノワール単体としてはル・レーヴ・ワイナリー初の醸造となります。干ばつや猛暑で房も小ぶりとなり収量としては例年より減収となりましたが、凝縮感の高い果実となり全体的には病果も少なく品質の良い葡萄を収穫することができました。全房30%、残りを除梗し自然酵母で発酵を開始、古樽にて約9か月間の熟成を行っています。赤系果実に丁子などのスパイスや仄かに感じる土のニュアンスもあります。繊細な果実味と心地よいタンニン、酸味のバランスが良く、熟成による期待感を抱かせます。リリース時点では硬さが残っていますので、抜栓後は時間をかけてお楽しみください。また、数年寝かせることで香り、味わいが繊細なものへと変化します。
ぶどう:ピノノワール(栽培:リュットレゾネ)
発酵:野生酵母(自然発酵)、ステンレスタンクで発酵、9か月樽熟成
生産本数:407本
750ml 4950円(完売)
   MIYABII ~雅~ 2021(赤)
2021年はブドウの花の開花・結実も良く出だし好調でしたが、7月の干ばつによりブドウにストレスがかかった一方で、ドルンフェルダーに関してはスズメバチの被害を受け、酢酸菌に汚染された病果を取り除く選果作業が大変な年でした。先に収穫したドルンフェルダー(全房&除梗)をセミ・マセラシオン・カルボニックにて自然酵母で発酵させ、後に収穫・除梗したメルローを追加しています(セミMC約2週間)。エアープレスにて搾汁し、ステンレスタンクにて3ヶ月発酵、一部を古樽にて9か月熟成させています。色調はやや紫がかったガーネット、スミレやブラックチェリー等の黒系果実やプルーン、八角などのスパイスやハーブの様な香りも感じられ、特徴的な香りに対して、果実味と酸味のバランスがよいワインとなっています。ラベルデザインは縁起物である金魚をモチーフにしています。
ぶどう:ドルンフェルダー全房(比率64%)&除梗、メルロー除梗、
発酵:野生酵母(自然発酵)、セミ・マセラシオン・カルボニック、古樽で9か月熟成
生産本数:1687本
750ml 4400円(完売) 
   ENISHII ~縁~ 2021(赤)
スパークリングワインとして使用されることの多いムニエですが、密着果で皮が薄いため大変腐りやすい品種でもあります。そのため赤ワイン用に完熟まで収穫を伸ばすのは大変リスクが高く、世界的にもムニエを使用した赤ワインは少なく一部地域でしか醸造されていません。ル・レーヴでは病果管理を徹底したり、北海道では珍しい傘かけなどを行うことで、赤ワイン用に熟すまで収穫を伸ばしました。完熟したムニエが収穫できたため昨年よりも少しムニエ比率を高めています。栽培にも大変手間がかかるムニエですが、その分大変良い仕上がりとなっています。サクランボ、イチゴなどの香りとムニエのやわらかい酸味・果実感、ピノ・ノワールの骨格がバランスよくまとまり、ENISHIの名のとおり、ムニエとピノノワールがめぐりあったそんなワインです。ラベルデザインはMUSUBI、MIYABIと同じくニセコで「和」のテイストを発信する切り絵作家・横山孝博さん。月をモチーフにデザインをして頂きました。リリース時点では硬さが残っていますので、抜栓後は時間をかけてお楽しみください。また、数年寝かせることで香り、味わいが繊細なものへと変化します。
ぶどう:ムニエ57%、ピノノワール43%
発酵:野生酵母(自然発酵)、セミ・マセラシオン・カルボニック、古樽とステンレスタンクで9か月熟成
生産本数:872本
750ml 5500円(完売) 
   MUSUBI ~結び~ 2021(白)
2018年から岩見沢の10Rワイナリーで委託醸造していましたが、2020年からは醸造免許を取得し自社での醸造が本格的に始まりました。
2021年はブドウの花の開花・結実も良くスタートしました。しかし、7月には1日も雨が降らないなどの干ばつにより、全体的な房の重量や粒の大きさも例年よりはやや小さめとなりましたが、その分凝縮感のあるブドウとなり、全体的には病果も少なく品質の良い葡萄を収穫することができました。自社で栽培している8品種のブドウを混醸(フィールドブレンド)し、野生酵母で発酵を開始、ステンレスタンクにて約6か月間の発酵を行っています。

ぶどう:ピノグリ30%、シャルドネ18%、ムニエ18%、トラミナー17%
ピノノワール11%、ピノブラン4%、ドルンフェルダー1%、メルロー1%
発酵:野生酵母(自然発酵)
亜硫酸:無添加
生産本数:2724本
750ml 4180円(完売)  
   Endless Story 2020(白)
10Rワイナリーで醸造をした最後の1本。(2021年からは自社醸造)余市産のケルナーを使用したル・レーヴ・ワイナリーの新しいシリーズです。「Endless Story」=「終わりなき物語、無限の物語」という名のワイン。愛や思いが終わらないことで、どんな時代でも伝わる気持ちとの意味もあります。ル・レーヴの顔ともいえるワイン「MUSUBI」の梅結をタグとして利用しており贈り物やお祝いにも使用しやすい1本です。心地よい酸味とミネラル、洋ナシや青リンゴ、シトラスも感じられ、すっきりとした飲みやすい口当たりです。
ぶどう:ケルナー(栽培:リュットレゾネ)
発酵:野生酵母(自然発酵)
亜硫酸:40ppm
生産本数:2123本
750ml 3620円(完売)



ページの先頭へ

日本ワイン

取 扱 品

原田商店

北海道恵庭市栄恵町70番地
  TEL 0123-32-3017
  FAX 0123-32-3019
営業時間 AM9:30~PM9:00
定休日 日曜日

祝日は営業しますが短縮営業となります。