井筒ワイン

(価格は消費税込みで表示しています。)

千葉ヴィンヤード       Chiba Vineyard       北海道岩見沢市

   ヒノデダンケ Blanc 2020(白)
全品種を同時収穫の後全房でプレス、野生酵母で発酵、その後マロラティック発酵。およそ9ヵ月間ステンレスタンク内で澱とともに熟成。
同時収穫で混醸というキュヴェです。シルヴァーナーの収穫量が激減してし まったため今回はブランに混ぜていますが、全体の三割近くを占めた事で以前までとは 全く違うキャラクターのワインに仕上がっていると思います。この年はどういうわけか 発酵が順調に終わり、瓶詰も例年より早い時期に終えることができました。ただ、アル コール度数が空知とは思えない数値になってしまい(13%)、少々戸惑っています。
ブドウ(自家農園産):シルヴァーナー、ピノグリなど8品種の混醸
醸造:10Rワイナリー(北海道岩見沢市)
生産本数:876本
price: 4280円 /750ml(完売)
   ヒノデダンケ Bacchus バッカス 2020(白)
収穫後全房のままプレス、野生酵母で発酵、その後MLF。およそ11か月間ステンレ スタンク内で澱とともに熟成。
前年は思いがけず高収量だったので少し心配していたのですが、今年も十分な収穫量 を確保できました。また今回は、ワインに少しだけ骨格、輪郭のようなものを付与出来ないかと思い、試験的に少量のケルナーとトラミナーをブレンドしています。それぞれ3%程度の量でありながらも、ワインにまた別の印象を与えていると思います。 毎年単一でのリリースが出来そうな状態になったので、今年からラベルを専用のもの に変更しました。バッカス区から見た畑の景色になっています。
ブドウ:自家農園産バッカス
醸造:10Rワイナリー(北海道岩見沢市)
アルコール度:12.5%
生産本数:506本
price: 3600円 /750ml(完売)
  ヒノデダンケ Rouge 2019(赤)
収穫後手除梗、野生酵母で発酵、18日間浸漬の後バスケットプレス。全量の半分ほどを古樽に、残りをステンレスタンクに移動後マロラティック発酵。およそ10か月間それぞれのタンク内で澱とともに熟成。
暖かった2019年、樹齢も5年目で安定してきたのか収量が多く、またよく熟してくれました。ヴィンヤードとツヴァイゲルトの相性が良いように感じられ赤ワインの品種として長く続けていくでしょう。
ブドウ:自家農園産ツヴァイゲルト
醸造:10Rワイナリー(北海道岩見沢市)
price:4059円 /750ml(完売)
   ヒノデダンケ Silvaner シルヴァーナー 2019(白)
植栽から6年、毎年開花の時期の雨などで花が流れてしまいほとんど収穫することができなかったシルヴァーナーですが、2019年に関してはシーズンを通して乾燥、温暖な天候だったためか初めてまともな収穫量を得ることができました。
収穫後全房のままバスケットプレス、野生酵母で発酵、そのままMLFまで順調に進み、8か月間ステンレスタンクで熟成。
ブドウ:自家農園産シルヴァーナー
醸造:10Rワイナリー(北海道岩見沢市)
price:4279円 /750ml(完売)










ページの先頭へ


日本ワイン

取 扱 品

原田商店

北海道恵庭市栄恵町70番地
  TEL 0123-32-3017
  FAX 0123-32-3019
営業時間 AM9:30~PM9:00
定休日 日曜日

祝日は営業しますが短縮営業となります。