あいざわ農園

(価格は消費税込みで表示しています。)

森 臥         北海道名寄市

   バッカス 2021(白) 
名寄市弥生の畑にて収穫されたバッカスを使用。9月末から収穫後、すぐにワイナリーにて圧搾しました。バッカス特有の花のような香りを残しつつ、寒冷地らしい酸のしっかりとした仕上がりになっています。
2021年は夏の記録的な猛暑と干ばつが際立った年でした。空きには数回のまとまった雨に見舞われた影響もあり、全体のバランスを考え異例の9月末の収穫開始となりました。和柑橘のようなさわやかさを感じられる仕上がりになっています。全房でプレス、ステンレスタンクで発酵(野生酵母・乾燥酵母によるロット)・熟成。
ブドウ品種:バッカス 100%
発酵:野生酵母(自然発酵)
価格:750ml 3000円
   小公子 2020(赤) 
名寄市弥生の畑にて収穫された小公子を使用。10月上旬に収穫後、すぐにワイナリーにて仕込みました。
小公子は故・澤登晴雄氏の手で育成されたヤマブドウ交配種で、一般的な赤ワインより色が非常に濃いほか、渋みが少なくスパイスやハーブの様な香りがあるなどの特徴があります。
2020年は、夏こそ比較的暑かったものの、5月下旬に連日の氷点下に見舞われた影響が残りました。結果として程よい酸が樽香と調和しており、黒い果実や和ハーブを感じられる仕上がりとなっています。フレンチオーク樽での約12か月熟成に加え、ビン詰後1年ほど置くことで、かなり落ち着いた印象になりつつありますが、数年間のビン熟成により、さらに全体のバランスが良くなるものと思います。
ブドウ品種:小公子100%(自社農園産)
発酵:全量手除梗後、ステンレスタンクで野生酵母(自然発酵)
価格::750ml 4000円(完売)
   ノクターン MV (ロゼ) 
名寄市弥生の畑にて収穫されたブドウを使用。19年産、20年産のバッカス主体の白ワインをベースに、アクセントとして21年度産小公子の赤ワインを僅かにブレンドしました。タンクによって表情の異なるワインたちをベストな形でアッサンブラージュ。発酵・熟成過程に由来する樽香と中国茶を連想する複雑な香りの中に、煮リンゴのような甘さを感じられます。
無濾過のためビンの中に澱や酒石が残っています。15度くらいが適温。
ブドウ品種:バッカス主体、小公子少量 
ブレンド比率:2019バッカス52%、2020バッカス40%、2021小公子8%
発酵:野生酵母・乾燥酵母
価格:750ml 2500円(完売)
    Aria アリア 2021(赤微泡) 
「Aria」とは音楽用語で旋律的な独唱を意味する。名寄市弥生の畑にて収穫されたブドウを使用。小公子85%に試験用品種15%をブレンドしています。2021年10月、収穫後すぐ全房でプレス、約2か月かけて野生酵母で発酵。瓶詰め前に事前に取り置いた冷凍果汁を戻し、ビン内2次発酵し微発泡ワインとしました。ラズベリー・ワイルドローズなど野生の赤をイメージさせ、試験品種のブドウがアクセントを与えています。SO2無添加。
抜栓時は十分に冷やして、静かに栓を抜いてください。
ブドウ品種:小公子85%、試験品種15%
発酵:野生酵母(自然発酵)
価格:750ml 3500円(完売)
   Dear ディア 2021(白微泡) 
名寄市弥生の畑にて収穫されたバッカスを使用。親愛なる皆様へ、そして私のとても大事なという意味を込めて名付けた、バッカス100%で作った微発泡ワイン。2021年10月、収穫後すぐに全房でプレス、その後約1か月かけてゆっくりと発酵。瓶詰め前に事前に取り置いた冷凍果汁を戻し、ビン内2次発酵し微発泡ワインとしました。ライムなどのシトラス系の風味に加え、パッションフルーツ、ハチミツのニュアンスが感じられます。
バッカスの花が咲くとき、畑一面に広がる白い花と蜜の香りがエチケットに表現されています。
ブドウ品種:バッカス 100%
発酵:乾燥酵母
価格:750ml 3500円(完売)
 




ページの先頭へ

日本ワイン

取 扱 品

原田商店

北海道恵庭市栄恵町70番地
  TEL 0123-32-3017
  FAX 0123-32-3019
営業時間 AM9:30~PM9:00
定休日 日曜日

祝日は営業しますが短縮営業となります。