藤野ワイナリー

(価格は消費税込みで表示しています。)      

藤野ワイナリー    Fujino Winery         北海道札幌市


   MIKINOHOTORI NIAGARA 2021(白泡)  
北海道余市町登町「三氣の辺」産のナイアガラを使用しました。しっかりと熟したナイアガラをそのままホールパンチで優しくプレス。一晩静置後、野生酵母で長い時間をかけてゆっくりと発酵させました。ステンレスタンクで数か月熟成させたのちビン内2次発酵させました。SO2無添加。
ボリューム感もありますが、旨味やコクがじわじわと広がりつつ軽快な酸がしっかりとした余韻をもたらします。しっかりと冷やしてスッキリと飲むのがおすすめです。
品種:北海道余市町登町「三氣の辺」農園産 ナイアガラ
生産本数:1865本 
price:2310円 /750ml(完売)
   MIKINOHOTORI TABIJI 2021(白泡)  
北海道余市町登町「三氣の辺」産の旅路を使用しました。しっかりと熟した旅路を手でひと房ずつ丁寧に除梗し野生酵母にてゆっくりと約3週間、果皮と共に醸しました。醸し期間初期はブドウも潰さずにセミマセラシオンカルボニック法で、抽出しすぎないように発酵を管理。その後優しくプレスし発酵を継続後、ビン内2次発酵させました。SO2は無添加。
熟したブドウの厚みや蜂蜜もありながら軽快な酸とほのかな苦みが味わいに奥行きを感じさせつつ心地よい余韻が続きます。しっかりと冷やしてスッキリ飲むのがおすすめです。
品種:北海道余市町登町「三氣の辺」農園産 旅路
生産本数:480本 
price:2310円 /750ml(完売)
   MIKINOHOTORI Y and M 2021(赤泡)  
北海道余市町登町「三氣の辺」産のヤマブドウとミュラートゥルガウを使用しました。ミュラートゥルガウはホールパンチプレスし、一晩静置後、野生酵母で発酵。ヤマブドウは全房でセミマセラシオンカルボニックで醸し発酵させ、約4週間後に優しくプレスし熟成。その後2品種をブレンドしビン内2次発酵させました。SO2無添加。
クリーミーな泡とヤマブドウの野性味あふれる刺激的な酸味が口いっぱいに広がります。ヤマブドウ単体ではなくミュラーのブレンドによるバランス加減が程よく、口当たりは優しく、和柑橘の果実味と乳酸のまろやかな味わいが柔らかな印象も付与します。しっかりと冷やして飲むのがおすすめです。
品種:北海道余市町登町「三氣の辺」農園産 ヤマブドウ56.7%、ミュラートゥルガウ43.3%
生産本数:798本 
price:2500円 /750ml
   MIKINOHOTORI ROUGE 2020(赤)三氣の辺ルージュ
「ヴィンヤードシリーズ」
余市町登地区の減農薬により果樹園を営む「三氣の辺」産のピノ・ノワールとツヴァイゲルトを使用。除梗しそれぞれの品種ごとに野生酵母で仕込み、開放型ステンレスタンクで4週間醸し発酵後プレス。14ヵ月間の樽熟成の後ブレンドしSO2(酸化防止剤)15ppm添加で瓶詰め。
2020年は豊作の年だが、熟期の雨や低温で灰カビ病がまん延。スミレの花や冷涼感を感じさせるハーブやフランボワーズの香り、腐葉土やきのこを思わせる香り。口当たり柔らかく丸みがあり、赤系果実の果実味と生き生きとした酸が心地よく、黒胡椒のスパイシーさも感じられます。
品種:余市町登地区「三氣の辺」産ピノ・ノワール50.8%、ツヴァイゲルト49.2%
生産本数:1934本
price:3960円 /750ml(完売)
   NAKAI BLANC 2020(白)ナカイ・ブラン
「ヴィンヤードシリーズ」とはブドウの生産者にフォーカスを当てたワインブランド。余市町登町・中井農園さんにて大切に栽培されたケルナーを使用しています。
ライムやライチ、レモンティーを想起させる、品のある華やかな香りが広がりブドウ由来の豊かな酸、柑橘系の果皮を思わせるほのかな苦みと瑞々しいミネラル感のある味わいが重なり、わいんのりんかくをくっきりとうつしだしてくれます。2020年は軽快で歯切れのよい、健全なワインとなりました。
品種:余市町登地区「中井農園」産ケルナー100%
生産本数:776本
price:3400円 /750ml(完売)
   que sera 2020(白) ケ・セラ
三笠市達布産のバッカス(一部貴腐ブドウあり)を優しくプレス。一晩静置後オリ引きし(デブルバージュ)野生酵母で発酵。発酵がなかなか終わらず2022年2月にボトリング、14ヵ月ほど発酵が続きました。多少ガスを含むため耐圧ビン、クローザーは王冠となっています。
さわやかなマスカットやアプリコットのような香りの中に、清涼感のあるハーブや白い花も感じられます。柑橘系の果実味を主体に、貴腐ブドウ由来のハチミツやレーズンを思わせる厚みやコクも感じます。
品種:北海道三笠市達布 信田農場バッカス
生産本数:2667本
price:2860円/750ml
   MIKINOHOTORI BLANC 2020(白) 三氣の辺 ブラン
「ヴィンヤードシリーズ」とはブドウの生産者にフォーカスを当てたワインブランド。余市町登町・三氣の辺さんにて大切に栽培されたミュラートゥルガウとケルナーを使用しています。
白桃や青リンゴなどを想起させる繊細な香り。ミュラートゥルガウの特徴的な瑞々しいミネラル感とスダチの様な酸のキュッと効いた和柑橘の味わい。果実由来と醸造由来による輪郭のくっきりとした酸。それぞれの要素が重なり、非常に軽快な白ワインとなりました。
ブドウ:ミュラートゥルガウ69%、ケルナー31%(余市町三氣の辺産)
生産本数:5007本
price:2640円/750ml
  Le Nord <ル・ノール> 2019(赤)
藤野ワイナリの北海道産ブドウ100%ブレンドの赤ワイン。ワイン名「Le Nord」は「北」を意味する。白が「海」、ロゼが「道」を、3つ合わせて「北海道」となります。それぞれの産地ごと、品種ごと、農家さんごとで醸し発酵を行い、プレス後、熟成させブレンド。約1年の熟成期間の後の瓶詰め前にSO2を添加。口当たり柔らかく、木苺のフレッシュな果実味と軽やかで伸びのある生き生きとした酸を軸に旨みや塩味が徐々に広がり柔らかな余韻を感じます。
品種:ヤマブドウ50%、セイベル40%、メルロー10%
price:2860円 /750ml(完売)
   KOHARU 2019(ロゼ)
創業当時からつくられてきた辛口のロゼワイン。生食用のぶどうをベースに仕込まれ、香り豊か、毎年その年のぶどうから最適なブレンドを求めてつくられてきました。イチゴキャンディーやクランベリー、白桃を思わせる華やかな香りに、ハッカキャンディーや洋梨、蜜入りのりんごのようなニュアンスが後から加わり、厚みをもたらしてくれています。くっきりと感じ取れる北海道らしい爽やかな酸、軽やかなボディで飲み疲れしません。
野生酵母で醗酵、SO2は無添加、ノンフィルター。
品種:5品種(キャンベル、ナイアガラ、ポートランド、旅路、デラウエア)
生産本数:5250本
price:2200円 /750ml
  シードル ブラムリー 2019
余市町登地区「三氣の辺」(みきのほとり)産のりんご100%のシードル。英国で1808年から作られている伝統的なクッキングアップル、ブラムリー種を使用しています。
食欲を増進させるような1本の強靭なくっきりと筋の通った酸、青りんごらしい爽やかな香り、黄色い花や花の蜜を思わせる味わいがきめ細やかで繊細な泡と相まってメリハリと面白みを与えてくれています。
2019年ヴィンテージはビン内1次発酵(メトード・アンセストラル)方式にて醸造。抜栓直後の還元的なにおいも大幅に抑えることができ、ビン内1次発酵の利点である伸びのある味わいを感じ取ることができます。
品種:余市町登地区三氣の辺産ブラムリー
price:1760円 /750ml
   La Mer <ラ・メール>2018(白)  
余市町登地区、三笠市達布で収獲したブドウを使用。可能な限り時期を遅らせ、熟度を持たせた状態で収穫。どの品種も熟度がありながら酸が抜けずにあったためバランスのとれたワインになりました。
それぞれ単独でプレスしたジュースをブレンドし混醸、野生酵母で醗酵、じっくりと熟成。瓶詰め前にSO2を添加、無濾過で瓶詰め。現時点でフレッシュな果実味を楽しめますが、熟成してさらにまとまりが出て味わい深さが出るでしょう。
ブドウ:ミュラートゥルガウ44.5%、バッカス34.6%、ケルナー20.9
生産本数:4080本
price:2750円/750ml(完売)
ページの先頭へ

日本ワイン

取 扱 品

原田商店

北海道恵庭市栄恵町70番地
  TEL 0123-32-3017
  FAX 0123-32-3019
営業時間 AM9:30~PM9:00
定休日 日曜日

祝日は営業しますが短縮営業となります。